肥満対策には1975年頃の日本食が理想的?

 

意外かも知れませんが、日本人は単に長寿というだけではなく、自立
して生活できる期間、いわゆる健康寿命も欧米より長く、その要因が
日本食にあると言われています。
 

東北大学大学院准教授の都築毅先生は、食事内容、生活習慣病の発症
率等を総合的に研究し、日本食と言っても欧米化された現在のもので
はなく、1975年頃の日本食が最も理想的な食事であると言ってい
ます。
 

つまり、内臓脂肪が減少し、エネルギー消費が亢進され、長期間続け
ると、肥満抑制効果、老化による脂質、糖質代謝調整機能の低下を防
ぎ、脂肪肝や糖尿病の発症リスクを低減するというデータを示してい
るのです。
 

それより以前の1960年代は、炭水化物の割合が多く、おかずの種
類も乏しく、栄養バランスで劣るとされています。
 
     
 

1990年は、食の欧米化で、脂質が増え、野菜類が少ない傾向にあ
り、2005年では魚介類が少なく、単身者に多い単品メニューが増
え、いわゆる偏食傾向にあるとされています。
 
     
 

このように見ていくと、伝統的な日本食である魚介類、大豆、野菜、
果実、卵、豆類、ワカメ、ヒジキなどの海藻類といった、まさに理想
的な食事をしていたのが1975年頃の人ということで、健康で長寿
がすべて食事だけという訳でもありませんが、肥満や生活習慣病と密
接な関係をもつだけに、とても参考になる研究ではないかと思います。
 
  
 

1975年頃の日本食のもつ長寿効果を最も受けているのが、モノの
ない時代に生まれた、いわゆる団塊の世代といわれる人達で、現在は
70才位の人になると言われています。
 

肥満や、それが原因となる生活習慣病で悩んでいる皆さんは、ひとつ
70才くらいの両親が20代で食べていたものを思い出していただい
て、参考にされるのはいかがでしょう?
 



 
 

 


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3,014人の購読者に加わりましょう

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る