プロフィール

 

 
初めまして! 島田一男といいます。

私は、ブティックを経営しながら数十年間

健康には絶対的な自信を持っていました。
 

ところが3年前に交通事故を起こしました。

特に無謀な運転とか、未熟な運転とかいう

種類のものではありません。

 
最近ときどき話題になる、運転中に意識が

なくなるという状態になったのです。
 

幸い、ケガもなく、相手も車の損害だけで

終わりましたが、

やはりどこか自分の体に異変が起こって

いるに違いないと医者の診察を受けました。

 
結果は糖尿病ということで、

空腹時血糖値が200、

食後2時間で300と入院レベルである

ことが判明しました。

 
入院するかどうか、自分で一生懸命調べて、

とりあえずは、急を要する病気でもない

ことがわかったので、

まずは生活習慣を自己流メニューで

変えてみることからスタートしました。
 

徹底した食事メニューや運動

雨の日も雪の日も真夏の酷暑の日も

1日2時間のウォ―キングを通して、

3か月後には体重15kg減量、

1年後には血糖値100レベルまで

落として、HBa1cも6.2ギリギリ

正常値まで回復しました。
 

もちろんそこに至るまでは、

痩せ過ぎて内臓に骨が食い込み

激痛を味わったような時や、

椅子に座るのが苦痛のときもありました。
 

そうこうしながら3年の月日が流れ、

今や自分の体のことはほぼわかる

ようになりました。
 

例えば、

血糖値測定時に血の色を見ただけで、

血糖値がどれほどか・・・
 

体脂肪と血糖値の関係、

食後眠くなった時の脳内状態、

血圧が上がる理由と対処法等々、
 

いろいろ勉強していくうちに、

自然と身に着いたのが

世間で言われる原因不明の解明です。

 
例えば、太る原因と減らし方はもとより、

二日酔いのメカニズム、

夜間頻尿の原因と対策、

便秘解消法等、

おもしろいくらいいろいろなことが

わかりました。

 
今では、夏に体温を少し下げる食事で

蚊に喰われることもなく、

冬には体温を上げる食事でぐっすり快眠、

自在に生活を楽しんでいます。

 
生まれて初めて受けた病気の診断が

「糖尿病」で、

そのショックから必死でもがき苦しみ、

ほぼ正常体まで回復し、

おまけに数々の悩みも解決できました。
 

この私の体験をもとに、まずは

「糖尿病」と親戚関係の「ダイエット」

について、

ここでお伝えしていきたいと思います。

 
ご質問にも出来る限りお答えしていきたい

と思いますので、

お気軽に絡んでみて下さい。
 

一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3,014人の購読者に加わりましょう

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る