より効果的なダイエットのための運動とは – だらだらウォ―キング

 
 

1.ダイエットに適した運動

 

肥満の原因は、摂取して使い切れなかったエネルギーを脂肪として

体内に蓄えられたものなので、肥満を解消するためには、摂取エネルギー

以上の消費が必要になります。
 

そして、備蓄された脂肪が消費されるためには、酸素による酸化が必要で、

そのためには多くの酸素が必要とされるため、ダイエットには、

激しい運動よりも、長時間にわたる有酸素運動の方が適している

と言われるのです。
 

もちろん、有酸素運動と言ってもいろいろあり、人それぞれ自分の好きな

運動もあれば、運動はまるっきりダメという人まで、千差万別だと思いますが、

大切なことは、続けることができるということです。
 

特に、肥満度の高い人ならば、1日や2日程度の運動では体脂肪を減少させる

ところまではいきませんので、先ずは継続できることがメインテーマです。

 

 

2.なだらかな坂道ウォ―キングが最適

 
      
 

一般的に有酸素運動は、20分が基準と言われています。
 

これは、体内の糖質が消費されるのが、身体を動かし始めてから約20分間

とされていて、その後に、備蓄された脂肪を使い始めることになるからです。
 

なので、最初は、とりあえず20分以上歩いてみることです。

そして、体が慣れてきたら、徐々に時間を延ばしていくのが無理のない運動

ということになります。
 

更に、なだらかな坂道をコースに加えることで、一層の効果が期待できます。
 

 

3.ゆとりがあれば筋トレも

 

なだらかな坂道ウォ―キングで、すでに筋トレの要素が入っているのですが、

無酸素運動と言われる筋力トレーニングはやっても意味がないのでしょうか?
 
       
 
実は、筋肉とは、特に運動をしていない時でも、常にエネルギーを消費して

いるのです。
 

つまり、基礎代謝として大きな役割を果たしていることになります。
 

筋肉量が増えれば、有酸素運動をしていない時でも、確実にエネルギーを消費

してくれることになりますが、筋肉量が落ちると、逆に運動をしていない時には、

エネルギーを溜めこみやすい体質になっているとも言えるのです。
 

なので、運動中も休息中もエネルギー消費に結びつく筋力トレーニングは、

ゆとりがあればぜひともプラスしていただきたいところです。

 
 

4.筋トレ+有酸素運動のW効果

 

筋トレを行うと、成長ホルモンが分泌されます。
 

実は、この成長ホルモンは、筋肉の損傷を修復する役目がありますが、

脂肪の分解にもかかわっていて、成長ホルモンが分泌されると、

脂肪が燃えやすい状態になるのです。
 

もうおわかりですね。

脂肪が燃えやすい状態にしておいて、さらに燃やす行為をすれば、

一層よく燃えるということになります。

 
つまり、筋肉トレーニングをしてから、有酸素運動をすると、より効果的に

脂肪を減らすことができるのです。

 

 

5.役に立つ豆知識

 

よくダイエット本などには、額に汗をかく程度の速足で歩くとか書かれて

いますが、そんな必要はありません。
 

まずは、継続できる歩き方で十分です。
 

そして、最も大切なことは、消費したエネルギー以上に食べないことです。
 

少し前に、「美味しいものは糖と脂肪でできている」というCMがありました。

その通りです。

美味しいものは少量にしておきましょう。(笑)
 

最後に、ごく簡単な筋トレウォ―キングの仕方です。
 
       
 

隣町あたりのスーパーまで歩いて買い物に出かけ、レジ袋を持って帰ってくる。
 

そして腹八分目の食事+おやつ削減。
 

これだけでも1か月後にはウットリするほど痩せられますよ!

ぜひ、お試し下さい!
 

そうそう、どうしても食べたい人には、

このサイト右側に並んでいる「豆乳こんにゃく麺」や「ところてん」が

おすすめです♪

 

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る