内臓脂肪=生活習慣病の危険な関係から脱出する方法!

 
 

1.メタボの基準とは?

 
労働厚生省の基準では、ウエスト周囲85cm(男性)、90cm(女性)

を超えて、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の2つに当てはまると

メタボリックシンドロームという診断になります。
 
        
 
つまり、お腹がポッコリ出て、高血圧、高血糖、脂質異常が重なると

生活習慣病ということになる訳ですが、むしろ、内臓脂肪が原因で、

その他の症状が出てくると言ってもいいのかなと思います。
 
 

2.内臓脂肪とは?

 
体につく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。
 

皮下脂肪とは、女性に多いつき方で、皮膚の下につく脂肪です。

洋ナシの形に見えることから洋ナシ型とも言われます。
 
   
 
内臓脂肪とは、男性に多いつき方で、臓器の周りにつく脂肪です。

こちらは、りんごの形に似ていることからリンゴ型と言われます。
 

なので、ポッコリとお腹が出てきたら、中年になったと楽観視

していてはいけません。
 
この内臓脂肪の蓄積が、生活習慣病の根本原因になるのです。
 
 

3.内臓脂肪を落として健康体を作る方法

 
メタボ解消とかいう目標を掲げると、

何もしないか、頑張り過ぎるか、の2つに分かれます。(笑)
 

どちらもいけません!

とりあえず、今、できることを少しずつ改善していきながら、

それを習慣化していくことです。
 

まずは、食事ですね。
 
脂肪の原因は炭水化物だからと、いきなり糖質ダイエットなんてやると、

それはもうやり過ぎのグループになります。
 

おそらく2~3日後にはギブアップしてしまいます。
 
なので、とりあえずは、オニギリのような炭水化物だけを食べるのを

やめるとか、会席料理のように、食事のときのご飯は最後に食べるとか、

できれば少し減らして食べるという程度でいいのです。
 
     
 
無理に減らそうとしなくても、最後に食べることで、あまり入らない

ようになるのです。(笑)
 

そして、一気に血糖値が上昇することもなくなるので、脂肪がつきにくく

なるという簡単な原理なのです。
 

要は、メタボを解消してからも、その生活をずっと続けることができる

ように習慣化することです。
 

女性の皆さんが、一生懸命やっているダイエットで、1週間で5kg痩せる

とかいうのも、例えその通り痩せることができても、2週間後はまた元通り

という人が多く、ダイエット前とダイエット後の瞬間を見た人でなければ

ほとんど変化がないということがよくあります。
 

それは、急激にやり過ぎて、続かないから、リバウンドするのです。

逆に、それを続けると、死んでしまいます。(笑)
 

やり過ぎない糖質制限と、やり過ぎない有酸素運動が、メタボ解消のポイント

になるのです。
 
     
 

次は、運動ですが、こちらもいきなりハードな運動計画を立てるのではなく、

毎日、決まった時間に散歩する程度のことを習慣づけるのです。
 

どうですか?

これなら続けられそうではないですか?
 

・まずは、食事のとき、ご飯は最後に食べる。

・食後に30分ほど散歩することを習慣化する。
 

それだけで、1か月もすれば、あなたのメタボはかなり改善されてくるはずです。

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2019年11月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る