睡眠不足が太ると言われる理由の根拠!

 

人間には、本質的に緊急時に備えるという生存本能があります。

寝不足とどう関係するのかわからない、と思いますよね。(笑)
 

ところが、それが共通する人体のメカニズムなんです。
 

つまり、寝不足になると眠くて、身体が重く、だるく、あまり動き

たくなります。
 

これが、緊急の場合に備えて余力を残しておこうとする身体のメカ

ニズムなんです。
 
     
 

一方で、睡眠が不足するということは、起きている時間が長くなる

ということなので、その長時間労働に必要なエネルギーを確保する

ための食欲がわくホルモン「グレリン」を多く分泌することになり、

エネルギーを使わない態勢に入りながらも、食欲旺盛という、いわ

ゆる誰にでも簡単に理解できる太るための公式にピタッとはまって

しまうのですね。(笑)
 

しかし、これは何となく自覚できるし、理解もできるので、太って

も仕方ないと諦めもつくのですが、ホントに怖いのは、自覚も理解

も及ばないもう1つの太る原因です。
 
      
 

それは「基礎代謝」というエネルギー消費です。

基礎代謝は、自分ではほとんど自覚できませんが、実は、私達がど

んなに頑張っても1日のエネルギー消費量は、せいぜい3割程度、

残りが基礎代謝で約7割を占めているのです。
 

基礎代謝というのは、私達が生きていくために必要なエネルギーの

消費量で、内臓を動かしたり、体温を調整したりして、身体を維持

するためのあらゆる消費エネルギーのことです。
 

年をとれば基礎代謝も落ちますので、太り始める人が多いことから

も容易に想像できると思いますが、そのような状態が寝不足による

基礎代謝量の低下でも起こるのです。
 

 

ということは、その基礎代謝量を普通以上に増やすのは難しいかも

知れませんが、普通以下に下がるのを防ぐ方法はあります。
 

それは、睡眠による「成長ホルモン」の分泌をスムーズにするとい

うことに他なりません。
 

つまり、この成長ホルモン分泌中が、全身の新陳代謝が最も上昇す

るときで、そこで失敗すると太りやすくなるということになります。
 

また、成長ホルモンは、筋肉の修復に中性脂肪を分解して使用しま

すので、中性脂肪を減らすだけではなく、太くなった筋肉が更に基

礎代謝を上げるという効果もあります。
 
    
 

特にこの成長ホルモンが多く分泌されるのは、22時~2時の4時

間といわれていますので、その時間帯はノンストップで眠り続けた

いものですね。(笑)
 

痩せたい人には、リラックスして休息をとれる「サフランタイム」

というサプリメントがおすすめですよ。
 

私は、ダイエットサプリより、安眠サプリの方が効果が高いような気が

しています。
 

▼興味あればこちらからどうぞ▼
サフランタイム
 
 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3,014人の購読者に加わりましょう

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る