ダイエットと酒の微妙で複雑な関係!

 



このようなタイトルが付くと、
 

必ず賛否両論があって、訳のわからない

結論に達するのですが、私の体験では

適量ならあまり影響がないと言えます。
 

その適量というのがまた問題になる

のですが、よく医学書などに出てくる

「百薬の長」的な量ということになります。
 

もちろん、

そんなのでは飲んだ気にならない

という意見も多いかと思いますが、

そのような人は、そもそもダイエットも

何も関係ない人で、

ダイエットで悩んでいる人にとっては

飲めるかどうかというのは、その適量の範囲

で十分意味のあることなのです。
 

ここでは、そのような状況下にある人のため

に書いています。
 

で、話は戻りますが、

同じ酒類でも、やはり巷で言われている

ようにビールやカクテルといったものは

避けて、ウイスキーやウオッカや焼酎と

いった蒸留酒がいいのですが、

これも適量範囲なら実際はあまり

影響がないと思います。
 

普通、このようにダイエットの妨げになる

ような事柄には、

あちこちで突っ込みがあって、

あれはダメだ、これは良い・・・と言われ

ますが、実際良いと言われていること

ばかりをやってみたところで、

目だってダイエット効果が出ている

でしょうか?
 

出ている!

と言い切れる人は、このようなサイト

を覗く必要はありませんよね。(笑)
 

そうです、自信がないからこのような

私の体験談を読んでくれている訳です。
 

 

で、結論を言いますと、

普通の人はスーパーなどで売られている

350ml缶の酒類1本程度なら

それほど心配することなく

飲んでも大丈夫です。
 

ここでいう普通の人というのは

糖尿病等の病気がない人のことで、

血糖値に問題のある人は、やはり酒の種類も

選ばなければなりません。
 

私も糖尿病ですので、ビール系はできるだけ

避けてジンやウオッカ系のものを1缶飲んで

いますが、ダイエットにも血糖値にも

全然問題ありません。
 

血糖値に関して言えば、酒1缶より

牛乳1本の方が上昇します。
 

これでダイエット中でも適量の酒は

大丈夫なことはわかりましたが、

気を付けなければならないのは、実は

酒のつまみというやつですね。(笑)

 
これは少し間違えると、

ダイエットをぶち壊しにしてしまいます

ので注意すべきはむしろこちらです。

 
以前に夜食のところでも書きましたが

たんぱく質系のものなら少々多くても

大丈夫だと思います。
 

もちろんコッテリと味付けしたりするのは

NGですが、

私は豚肉シャブシャブ500gをゴマダレ

で普通に食べていますが、ダイエットにも

血糖値にもほとんど影響はありません。
 

普段は「カタクチイワシ」ちりめんじゃこ

の兄貴分ですが、

これをフライパンで炒めて食べています。
 

 
もちろんお金に余裕がある人は、

刺身でもステーキでもご自由にどうぞ!
 

ただし、何でも適量ということが大切です。

この適量を意識している限り、

食べる物も飲むものも、それほど気に

することはないような気がします。
 

ダイエットをしているから、

あれもダメ、これもダメ・・・

実はこのストレスが一番悪いような

気がします。
 

 
私は、この1缶の酒のお蔭で、

夜トイレに起きることもなくなり快眠、

嫁は便秘も解消され、

2人とも朝起きたときの肌のすべすべ感は

例えダイエットに若干の影響があった

としても、それ以上の効果がハッキリと

あります。
 

なので、あまり深く考えないで、

飲みたくなったら適量の酒は飲む

ということでいいのではないでしょうか?
 

それでも心配な人にはこちらがお薦めです。
⇒ひとくちでブロック!4つの壁で理想のカラダに!

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る