バレンタインとチョコレートとダイエット!

 

まずは、チョコレートダイエットの定義

というところから入ります。
 

 
どこにでも書かれていると思いますが

カカオ含有量70%以上のチョコレートを

食前に食べることで、満腹中枢に働き

かけるというダイエット方法です。
 

これは、GI値からもわかるように、

チョコレートによる血糖値の上昇時間は

早く、食前に食べると満腹感が得られ、

結果食欲が抑えられるというのです。
 

ダイエット効果については、

私はあまり信じていませんが、

カカオポリフェノールには、動脈硬化や

ガン、花粉といったものへの予防効果、

ストレス対策としての価値は見いだせます。
 

また、タンニン、食物繊維は便秘解消に、

カカオマスの血液サラサラ成分は摂るに

じゅうぶん値するものです。
 

ダイエット中の人には、普通には

糖分の少ないビター系を勧めるようですが

甘くないチョコレートって逆にストレス

になりませんか?
 

 
私は、糖尿病でなければ、

チョコレートらしいチョコレートで

問題ないと思っています。
 

1日に50g、しかも数回に分けて食べる

というのが理想で、更に食事前の空腹時

に少量をゆっくり食べるというのですが

実際これなら食べない方が気分的に楽です

よね。(笑)
 

 

私は、1日1枚ぐらいなら、

何も考えず、好きな時に、好きな食べ方

をすればいいと思うのです。
 

その方が満足感も大きく、精神的な

ストレスからも解放されます。
 

何だかんだと言いながら、常にダイエット

を意識させることこそダイエットの最大の

敵であるような気がします。
 

食べ過ぎたと思ったら、普段より時間を

かけて買い物をするとか、

目的地まで少し遠回りして歩いて行く

とか、そういう方面で工夫すれば済むこと

なのです。
 

 

チョコレート半分を時間をかけてチミチミ

食べたところで、1枚まるごとバリバリ

かぶりついたところで、

あなたの体型にはそれほど大差ないのです。
 

むしろ、満足した!

今夜はおかずを1品減らしてバランスを

とろう!というのが正解なのです。
 

チョコレートに限らず、

小手先のダイエット手法より、大きな

ワクのなかでのバランスを考えることが

ダイエットの基本なのです。

神戸フランツを知らなかったあなたへ
お菓子の街から心を込めて

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る