人生に刻まれる決断!

 

病院へ行けば必ず入院治療を受ける

ことになると思いました。
 

とは言っても、糖尿予備軍を入れて

実に6割以上の人が糖尿病に絡んでいる

という事実から、

今すぐ急にどうとかいうものでもない

という確信もありましたので、とりあえず

全力で自己流の治療を試みる

ことにしました。
 
 
ネットで調べることはもちろん、

糖尿病で入院したという人から

ナマの話を聞けばよりよく理解できる

と思い、その方面にもアンテナを

張りめぐらせました。

 
そして、血糖値というものが

徐々にわかってきて、

いよいよ本格的に実験開始です。
 
 
そこでどうしても欲しいものが

「血糖値測定器」です。

ネットでいろいろ探して、アメリカから

直輸入というものにリーズナブルな商品を

見つけました。

それでも1回70円くらいかかります。

とは言っても日本製の150~200円に

比べれば格安ということになります。

 
性能的には遜色ありません。

 

準備完了!

まずは、おおよそ禁止項目の最右翼である

炭水化物のオンパレードで

実験してみました。
 

朝・昼・夜の食事内容は、

厚さ10cm食パンにバター&ジャム、

コンビニのおにぎりを計4個、

サンドイッチにラーメン、

おやつにヨウカン、

締めくくりはチョコレートです。

さすがにちょっと緊張しながら

翌朝測定してみましたが、

なんと驚きの105でした。
 
 

これは、この1~2か月で約20kgの

減量により体内の備蓄糖分がほぼ無くなって

いることが要因かもしれません。
 

ただ、私のこれまでのデータで考えると、

糖尿病雑誌などに載っている炭水化物

ご法度というのも本当であると同時に

完全ではないという気もします。
 

それは調理の仕方や食べる時間帯でも

大きく違ってきますので、

ご法度というより、摂取方法を考える

ことが大切かなと思います。

なぜなら、糖質も3大栄養素の1つ

なので、完全に摂取をやめると、

かなり問題が出てきます。

 

またGI値というものも、

ダイエットを目指す健常者には

大切な要素ではありますが、

糖尿病になってしまうと、

そもそも体内で糖分を分解する能力が低下

しているのですから、ブドウ糖化する時間

が早くても遅くてもあまり関係ないような

気がします。

 
問題は、体内に摂り込んだ糖分を

いかに早く消費するかにかかっていると

思うのです。

 

food_wankosoba


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3,014人の購読者に加わりましょう

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る