ダイエットは「やせる」ためより「生きる」ため?

 

脂肪には2つの種類があるということは

ご存知の人が多いと思います。
 

言い換えれば、太り方にも2つのタイプ

があるということになります。
 

もっと言えば、ダイエットの目的も

2つのタイプがあることになります。
 
 
1つは、「皮下脂肪」です。
 

皮下脂肪は、皮膚の下に蓄積され、

普段はあまり使われることのない脂肪

なので、一度蓄積されると

なかなか落ちませんが、健康上も大きく

影響する種類のものではありません。
 

これは、

主に出産のための備蓄脂肪的なもので

40歳代前半までの女性に多く見られます。
 
 
もう1つは、「内臓脂肪」です。
 

こちらは、更年期を過ぎた女性や男性に

多く見られます。
 

文字通り、胃や腸といった内臓の周りに

脂肪がついてポッコリお腹をつくる原因

になっています。
 

 

俗に、皮下脂肪タイプは下半身に

つくので「洋ナシ型」、

内臓脂肪は腹回りにつくので

「リンゴ型」の体型と言われています。
 

内臓脂肪はジェル状脂肪で、常に血液中に

溶け出しています。
 

なので、運動等で簡単に落とせますが、

燃焼させず放置すると、生活習慣病の

原因になるだけではなく、命にかかわる

リスクも持っている危険な脂肪です。
 

 
特に、男性と更年期以降の女性の肥満は

「やせたい」以上に「死亡リスク」を

減らすためのダイエットを心掛けなければ

なりません。
 

そんなことわかっているけど、

仕事が忙しくて・・・・

という あなたにはこちらがお薦め!

⇒ ウエスト周りの脂肪に効く【葛の花減脂粒】


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3,014人の購読者に加わりましょう

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る