ダイエット食ってどうすればいいの?

 

○○○○ダイエットとかって言って、

偏った食べ方を指導している本とかも

ありますが、

 
大切なことは、

食べる時間、食べる順番、栄養バランス

なんですね。
 
 
=== 食べる時間とは? ===
 
食事量や回数は

比較的こだわっている人が多いのですが、

案外盲点になっているのは食事をする時間

なのです。
 

余分な脂肪がつくということは、

血液に糖分が豊富で余裕があるから

脂肪として蓄えられるのです。
 

なので、

血糖値の下がる時間帯、

つまり糖分が不足している時間帯に食べる

蓄えにまで回らないということは

容易に理解できますよね。
 
barance2
 
はい、ではその時間帯とは

 
朝食 6~7時頃

昼食10~11時頃

夕食16~17時頃

 
と言われています。
 

このタイミングで食事すると、

食べた物は即戦力(エネルギー)

となってしまうので、

脂肪となって蓄積されにくくなるのです。

 

=== 次に、食べる順番ですが ===

 
血糖値の上昇を抑えれば太らなくなる

とかで、一時期「糖質制限ダイエット」

というのが流行りました。
 

糖尿病の場合は、それもある意味正論ですが

ダイエットの場合は、

極端な糖質制限はむしろ体にとって

有害である場合もあります。
 

そこで、糖質が吸収されにくい食べ方

があります。
 

まず、

食物繊維の多い野菜から食べ始めます。

これは血糖値の上昇や糖質や脂質の吸収も

抑える働きがあります。
 

そして、糖質の消費者である筋肉の元となる

たんぱく質類を食べてから、

ごはん、パン、麺類といった炭水化物を

食べるようにすることで、

血糖値の上昇が抑えられ

太りにくくなるのです。
 
 
=== 最後は、栄養バランスです ===

 
たんぱく質・脂質・糖質を三大栄養素と

いいます。

それにビタミン・ミネラルを加えて

「五大栄養素」と言われています。

更に、食物繊維を加えて

六大栄養素という人もいます。
 

これらをバランス良く食べることは

体の本来の欲求なので、

バランスを欠くと欲求不満になり、

他のものを大量摂取して解消しようとします。
 

この大量摂取したものが糖質だったら・・・

怖いですよね。

 
つまり、

これらの六大栄養素を毎食バランスよく

摂れば、少量で満足感が得られ、

食べ過ぎになりにくいのです
 

バランスよく食べることは、

体に必要な栄養素をバランスよく摂る

ということの他に、

食べ過ぎを防ぐ作用があるということの

隠されたもうひとつの意味も

覚えておきましょう。

barance


 


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る