失敗させない糖質制限ダイエット!

 

このダイエットは、

糖尿病の治療も兼ねています。

 
実際、私自身もこの方法で1か月15kg

の減量に成功しています。

 
しかし、糖尿病でない人は極端に糖質を

制限するのもどうかなという感じがします。

というのは、糖=ブドウ糖は脳の唯一の

栄養源になります。

 
なので、これが極端に不足するとボンヤリ

したり、歩行中フラフラしたりといわゆる

脳にかかわる機能が

微妙におかしくなったりします。
 

あと、炭水化物には糖質と繊維質が含まれて

いて、この繊維質が不足すると、便秘と下痢

を繰り返すことになります。

実際、私も苦労しましたが、

私の店のお客様の糖尿系の人達も、皆さん

同じように言っておられます。

 
なので、糖質制限といっても、カットする

のではなく、いくぶん控える

というのがいいと思います。
 

 

特に糖尿病でない人は炭水化物も適当に

摂取することをお勧めします。
 

では、本題に入りますが、

現在糖尿病も患っているという人は個別に

私にお問合せ下さい。
 

ここでは、ダイエットという視点での糖質を

あつかっていきます。
 

よくダイエットの本などには、

いろいろ難しい言葉や注釈がかかれていて

始める前にもうギブアップという人も多い

のではないかと思われます。

 
そこで、私は正常な人の糖質制限ダイエット

の仕方をザックリとお話します。

 
まず、それほど深刻でない場合は、

会席料理を参考にして食べる順番を考えて

みましょう。
 

基本は
一汁三菜(吸い物・刺身・焼き物・煮物)
お通し、揚げ物、蒸し物、和え物、
酢の物などの酒肴が加えられ、
最後に飯、味噌汁、香の物、水菓子

というのが一般的な会席料理のパターンです。
 

これを毎日食べるという意味ではなく

食べる順番をこのような種類のものから

すすめていくということです。
 

いきなり、ご飯や水菓子からというのは

ダメですね。(笑)
 

これにより、糖質の吸収率や速度が下がり

結果脂肪として蓄えられることが少なく

なるということです。
 

但し、糖尿病の人はインスリンそのものに

問題があるので、順番より摂取量と消費量

の関係がメインになります。
 

私のこれまでのデータで判断すると、

この食べる順番だけでも、かなり効果が

ありますが、あまり改善が見られない

場合は、まず夕食の炭水化物(ご飯、麺類、

パン類等)を半分くらいにしてみます。

 
物足りなさを感じたら、たんぱく質系で

埋め合わせましょう。
 

 
ご飯を半分にして、枝豆や豆腐や肉類を

食べるといった具合です。
 

これによりひもじさもなく、スムーズに

ダイエットに入れます。

 
空腹を感じるのは炭水化物を摂った

場合です。
 

炭水化物を摂取⇒ブドウ糖に変化⇒

インスリンが分解⇒脳が栄養不足と感じ⇒

食欲増進を指示⇒炭水化物摂取

というパターンになるので

空腹を感じるのです。

 
肉や豆腐や魚だけ食べると空腹感は

ありません。

贅肉の元、血糖値を上げるのは

炭水化物(糖質)だけです。

なので、

糖質を摂らなければ贅肉はつきません。
 

しかし、糖質も3大栄養素ですので、

まったく摂らなくていいという訳でも

ありません。

脳の唯一の栄養源がこれなのです。

とは言っても、脳での消費量は

ごく少量なので、多く摂り過ぎると

それが贅肉になるのです。
 

ブドウ糖は脳の栄養素ですが、もうひとつ

これを主食にしているのが癌細胞です。
 

癌の初期の人が糖質カットで治った

という話もあります。

 
だいたいこのように、

食べる順番と種類を少し変えると

普通のダイエットなら成功します。
 

大切なことは、いくら食事に注意しても

ジュースや糖分たっぷりのスープとかを

飲みすぎるとやはり問題です。
 
また、ガムなどを勧めている人もいますが

キシリトール系なら糖質の面からは合格

ですが、それ以外のこともよく考えて!

早食いもできればやめましょう。

 
それでも食べたい飲みたいという人には

あとは吸収を防ぐことしか出来ませんが、

実は最近とてもいいものが出来ています。
 
こちら
↓  ↓
4つの壁であなたを守るスリムブロッカー

これ、試してみる価値はありますよ!
o(^0^)o


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る