コレステロールって要らないものなの?

 

「自然界には存在理由のないものは無い」

というのが回答ですね。(笑)
 

まず、よく話題になる「善玉」「悪玉」

について少し触れておきます。
 

コレステロールとは水に解けない脂肪で

周囲にたんぱく質の袋を持っています。

この袋の中の中性脂肪の配分で呼び名が

変わるのです。
 

 
つまり、脂肪が多く、たんぱく質の成分

が少ないものを低比重リポ蛋白 (LDL)

と言い、脂肪が少なくたんぱく質の多い

ものを高比重リポ蛋白 (HDL) と言います。
 

イメージとしては、

LDL=悪玉コレステロールは、

トラックに補修材を積んで道路の破損部分

に落として行く役目。
 

HDL=善玉コレステロールは、

必要ないのに落ちている補修材を拾って

来る役目。
 

 

つまり、肝臓から血管に補修剤(コレ

ステロール)をたくさん落とし過ぎると

動脈硬化等の病気の原因になるという

ことから悪玉、そして不要のゴミを肝臓

に戻すことから善玉と名付けられて

いますが、コレステロールは

大脳の神経細胞が情報を送る伝達物質に

深くかかわっていて、コレステロールの

摂取が少ない人は精神的に不安定で

キレたり暴力行為を起こしやすかったり、

うつ状態にもなりやすいのです。
 

なので、動脈硬化さえ防げればいい、

というものではなくそれ以外の生命活動を

総合的に考えれば、善玉も悪玉もなくては

ならない大切なものなのです。
 

 
余談ですが、

犯罪者のコレステロールを研究している人が

いて、コレステロールの低い犯罪者は、

殺人、暴行、器具破壊などが多く、

コレステロールの高い犯罪者は、

詐欺、偽造などの頭を使う知能犯が多い

のだそうです。
 

最後に、

食物に含まれるコレステロールがそのまま

体内にコレステロールとして蓄積される

ことはありません。

安心して必要なものはしっかり

摂取しましょう。
 

 
テレビでおなじみの岡部先生監修「本物EPAサプリ」


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る