若くてもなる「オバサン体型」の正体と脱出作戦!

 
 

1.オバサン体型の定義

 
中年女性特有の皮下脂肪肥満、つまり二の腕や腹、尻、太ももと

いったあたりに脂肪がついて、だぶついた感じのする体型を言います。
 

脂肪が少しずつ蓄積されてきたことが原因なので、なかなか解消され

にくく、全体像が洋ナシに似ていることから洋ナシ体型とも言われます。
 

オバサン体型だから若い自分は関係ないと思っていたら間違いです。

若くても条件がととのえば、オバサン体型になりますよ!(笑)
 
   
 

では、男性はならないのか?という疑問が出てくると思いますが、

男性の場合は内臓の周囲に脂肪がたまりやすく、女性の洋ナシに対して、

リンゴに似て見えるところからリンゴ体型という肥満になり、

言うなればオヤジ体型ということになります。
 
 

2.オバサン体型になる原因

 
ぶっちゃけ、長期間にわたる食べ過ぎが原因です。
 

とりわけ、女性の場合、甘党が多く、間食などによる糖質の摂り過ぎが

最大の原因と言われています。
 
    
 

糖質は、体内でブドウ糖として身体を行動させるエネルギーになりますが

消費する以上のエネルギーは肝臓に蓄えられます。
 

しかし、それでも多く余ると脂肪細胞にも蓄えられ脂肪となります。
 

このように、消費するエネルギーをはるかに上回るエネルギーを体内に

貯蔵された状態を肥満と言っているのです。
 

女性は15才、男性は18才頃をピークに基礎代謝量が減少していくと

言われています。
 

なので、同じ食事、同じ生活であっても、基礎代謝の低下ににより、

加齢とともに太り始めることも不思議なことではありません。
 

特に女性の場合は、妊娠・出産による運動量・筋肉量の減少、産後の

睡眠不足などが原因で基礎代謝が落ちるなど、太りやすい条件が揃う

ことになり、更に30代後半からは更年期の兆候も出始めるため、

ホルモンバランスも関係してきて、一層太りやすくなるのが原因です。
 
 

3.オバサン体型を解消する

 
ほとんどの女性が優先的に希望するのが、ポッコリ下腹の

解消と言われています。
 

そして、腹部周辺の運動器具やトレーニング方法が多く紹介

されていますが、残念ながら、ご存知のように部分痩せを実現

することは困難なのです。
 

その理由は、エネルギーの消費は、必ず全身のエネルギーから

消費されるので、いくら腹部周辺の運動を繰り返しても、腹部だけの

脂肪が減る訳ではないのです。
 

では、全く無駄なことかというと、そうでもありません。
 

腹部周辺の運動により、周辺の筋肉が強化され腹部が引き締まって

見えるようになります。
 
   
 

しかし、これは見た目の話で、腹部の脂肪だけが落ちたということでは

ありません。
 

本当にオバサン体型を卒業したいと思うなら、ウォ―キングなどの

有酸素運動で脂肪を燃焼させる必要があります。
 

時間にゆとりのない人は、近隣の外出は乗り物を使わず歩く、

エレベーターを使わず階段を上るといったことが習慣になれば、

脂肪の解消に役立ちます。
 

特に、階段を上がることは、ヒップアップや筋力強化にもつながる効果が

ありますので、ぜひ取り入れてみて下さい。
 

そして、最も大切なことは、年齢とともに、食生活を見直すことです。
 

全体的に食事の量を減らしたり、野菜やタンパク質等のバランスを考えたり

することも大切ですが、特に糖質(炭水化物)の過剰摂取を控えることが、

オバサン体型からの脱出には必要なことなのです。


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3,014人の購読者に加わりましょう

2018年4月
« 9月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る