食事制限ダイエットは、何を制限するかではなく、どう制限するか!

 

 

1.食事制限ダイエットで失敗する理由

 
現代は情報化の時代で、ネット上では「ダイエット」と検索するだけで

無数の情報が出てきます。
 

それは、簡単に学べるという利点はありますが、その真偽のほどは

定かではありません。
 
      
 

書籍の時代は、書く方も、読む方も、それなりの覚悟と責任をもって

出版し、買って学ぶ、というスタイルでしたので、書く方も、買う方も、

それなりの覚悟が必要だった訳です。
 

ネットでは、無料で誰でも書いたり、読んだりできる反面、

それが正しいか間違っているか、実は書いている本人すら

よくわかっていないことが多いのです。
 

しかも、法に触れるような内容でなければ、特に罰則もありませんし、

読んで実践して効果がなかったとしても、誰にも文句をいうことも

できません。
 

書く方も、読む方も、良く言えば自己責任、悪く言えば無責任なのです。
 

そして、たまに真実を述べているような記事に出会っても、

やたら学術書のような複雑なものが多く、数分も読めばギブアップ

したくなります。(笑)
 

そこで、簡単という言葉に引っかかって、やってみても痩せることはなく、

挫折してしまうことになるのです。
 

あなたのやっているダイエットは、

「英語の話せない先生から、英会話を習うようなもの」なのです。

 

 

2.ほんとに痩せる食事制限はこうする!

 
食事制限ダイエットというと、まずカロリーを減らすとか、炭水化物を

減らすとか、どれも正しそうな内容の記事が出てきます。
 

決してウソや間違いではないのですが、それって実践できる?

という話です。
 
     
 

朝、昼、夜とメニューを考え、カロリーや成分を分析して食べることが

できる環境にない人が圧倒的に多いにもかかわらず、細かく分析して、

詳細に説明して、こうすれば痩せられますというものがほとんどでは

ありませんか?
 

書いてる本人も、そんなことやったことがないということがハッキリ

しています。それは、実際やったことがないから、実現不可能なことを

平気で書けるのです。
 

実践できなければ成功するはずがありません。

実践できる制限食とは、カロリー計算をすることではありません。
 

まずは、普通に少し太り気味だと思っている程度なら、

自分の考える体重に達するまで、いつもより20%ほど、食事の量を

減らすだけです。
 

太り具合に応じて上限50%をメドに食事を制限して、目標値に到達

するまで続けるだけです。
 
    
 

人間は、食べなければ必ず痩せます。
 

プロボクサーをみて下さい。

あの人達は、1か月で10kg程度落とすのです。
 

しかも、脂肪ではなく、筋肉質の体からでも、計量日前日に3kg減

とかも平気でやってのけます。
 

もちろん、健康状態を考えると、それが良いということではありませんが、

物理的に可能であるというのではなく、実際できているということです。
 
     
 

ただ、ボクサーのように、落とす贅肉がないのに落とすことから考えると

落とすべき脂肪がたくさんある我々には、比較にならないほど簡単なことです。
 

なのに落とせないのは、たくさん脂肪がついている人は、減り具合を

実感できる前にやめてしまうことが失敗の原因なのです。
 

間食、ジュース飲料等を中止して、食事総量を20%カットするだけ。

 
炭水化物やタンパク質やと分類する必要もなければ、野菜食中心である必要も

ありません。  全体で20%減らすだけなのです。
 

あとは、絶対3か月間は続けてみるという気持ちなら、かならず成功します。
 

減らした分をおやつや砂糖入り飲料で補填するというようなことをしなければ

という前提ですが、絶対痩せることができます。(笑)
 

もし、どうしても耐えきれない人は、おやつや夜食に、こんにゃくラーメン

ところてんを食べて下さい。


いくら食べても太りません。(笑)


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2018年4月
« 9月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る