ダイエットの基礎 – 痩せたかったら朝ごはんをしっかり食べる!

 
 

1.無理のないダイエットとは

 
ダイエットというと、なぜか食事制限、サプリメント、運動を

すぐに思い浮かべる人が多いようですが、それは第2ステージで

いいのです。
 

まずは、食事のスタイルを少し変えてみるだけで十分効果の上がる

ことを実際に体験してから考えることだと思います。
 
      
 

どのように変えるかというと、可能なら「朝食と夕食を入れ替える」ことです。
 
物理的に難しいという人も多いと思いますが、少なくとも「食べる量」だけでも

朝と夕を入れ替えてみることです。
 

もちろん、間食や夜食といった余計なものは、ダイエット以前の問題として

控えるべきですが、それを1か月も続ければ、5kgくらいは簡単に痩せる

ことができます。
 
 

2.ご飯やパン、パスタは太る?

 
特に炭水化物でなくても、必要以上に食べることは、健康のために

あまり良いことではありませんが、ダイエットというと、極端にこの種のもの

が敬遠される傾向にあります。
 
        
 
しかし、実際は少し食べ方を変えてみるだけで、それほど影響がないことも

私自身が経験しています。
 

炭水化物以外のものから食べ始めて、終わりの方で、炭水化物を食べると、

いきなり炭水化物を食べるより、ずっとおだやかに血糖値が上昇するので、

それほど太ることにはなりません。
 

また、バターや脂類を大量に使うと、糖質の吸収が抑えられますので、

朝からチャーハンやバターライスというのも意外に思われるかもしれませんが

おすすめメニューなんです。
 
脂の摂り過ぎ?
 
気にすることはありません。

夕食でなければ、それほど影響はありませんし、そもそも脂が体に悪いと

毛嫌いしているのは、先進国でも日本くらいです。
 
朝は、脂でスタートするくらいの気持ちでもいいのかなと思います。(笑)
 
 

3.カロリー計算や食品選択は不要

 
ダイエットというと、すぐに摂取カロリーや、摂取食品群などが取り上げ

られるようですが、果たしてそのようなことが可能なことかというと、

私にはまずできません。
 
ならば、どんぶり勘定でいいんじゃないか?

ということです。
 
      
 

普通に食べる量を、意識して20%ほど減らす、腹八分目でいけばいいのです。
 

カロリー計算などしても、正確に測れないなら、総量で規制するというのが

一番理に適っていると思いませんか?
 
 

4.まとめ

 
朝は100%しっかり食べて、昼食と夕食で3割減らす。

平均20%削減になりますよね。(笑)
 

間食・夜食・砂糖飲料等はやめる。
 

炭水化物は脂でコーティングしたり、食事後半に食べるようにする。
 

まずは1か月だまって続けてみる。
 
以上、やってみて下さい!

簡単ですよね。(笑)


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2018年5月
« 4月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る