失敗しないダイエットvs失敗するダイエット – 3週間の壁

 
 

1.あなたが太る理由

 
そもそも太る原理とはどういうものでしょう?
 
      
 

余分なエネルギーを非常事態に備えて体内に蓄積しておくのが

脂肪ですよね。
 

ところが、今の日本で、その非常事態という場面があまりない

ことが、どんどん過剰エネルギーを蓄積させ、蓄え続けられて

いることが根本的な原因なのです。
 

なので、自主的にその非常事態を作ればいいんですよね。(笑)
 

たとえば、1食抜いてみるとか、1日食べる物を口にしないとか、

そういうことでかなり変化が起こってきます。
 

確かに少し辛いかも知れませんが、1日に1食抜いた程度では

人間は死ぬことはありません。
 

そういう非常時のために脂肪を蓄えている訳ですから。(笑)
 
 

2.あなたが痩せない理由

 
 
 

基本的なことが理解できると、一応はやってみる人も多いのですが、

数日間やってみて、ほとんど変化が見られないという理由で、

やめてしまう人がほとんどなんですよね。
 

そもそも、何年間も溜めこんできた脂肪を2~3日で解消できる訳が

ないのですが、なぜかダメだと判断するようです。
 

それは、ショパンの曲を聴いて、ピアノに憧れ、初めてピアノに触れた

人が、2~3日練習してみて、ショパンが弾けないからといって止めて

しまうのと同じです。
 

まずは1か月続けてみて、多少なりとも変化が見られたら、

今、自分のやっていることは間違いではないと自信を持って続けること

がダイエット成功の秘訣なのです。
 

1ヶ月1食抜きで、何の変化も起こらない訳がありませんので、

もし、1食抜いて、2倍のおやつを食べるとかいったことをやらない限り、

あなたのやっていることは正しいと証明されるはずです。
 

実は、タバコや酒と同じく、食事も習慣のもので、食べないことに

慣れれば、1日2食の生活が普通になってくるのです。
 

禁煙に成功した人に聞いてみて下さい。

最初の2~3週間は厳しいけれど、1~2か月やめると平気になり、

数か月やめるともう忘れてしまうというはずです。
 

私が実際そうでしたからわかります!(笑)
 

そう、ダイエットも始めて2~3週間は厳しいけれど、数か月でそれが

普通になってしますのです。
 

ほとんどの人が、その前にギブアップしてしまうことが、ダイエットに

失敗する一番の原因なのです。
 
 

3.心のユトリが迷いを断つ

 
○○パーティだとか、○○記念日とか、どうしても掟を破らなければ

ならないときも必ずあります。
 
    
 
そんな時に、ガタガタと崩れていくというのもよくあるパターンです。
 

しかし、それが毎日だと問題ですが、記念日やパーティというものは

普通の人にとっては、せいぜい1年に数回のレベルです。
 

1年間1食抜きで生活してきた人が、そのうちの数回3食たべたところで

大勢に影響はありません。
 

食べてしまったことを悔やんで、それを理由に3食にもどるのではなく、

翌日から、再び2食生活を続けることこそが大切なことなのです。
 


一応、参加しています!(^0^)/

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,965人の購読者に加わりましょう

2018年5月
« 4月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

< 提 携 サ イ ト >

▲トップへ戻る